スーツケース レンタル 比較

MENU

おすすめスーツケースレンタル店比較 ランキングトップ3

アールワイレンタルは良いこと尽くめのスーツケースレンタルショップです。まずレンタル料金が、低価格設定です。ほかの多くのレンタルショップと比較しても、アールワイレンタルのレンタル料金は安いです。さらに嬉しいのが、アールワイレンタルの最低価格保証というサービス。ほかのレンタルショップより料金が高かった場合、その差額を割引してくれるのと同時に、次回レンタル時に利用できる500円クーポンも進呈くれるのです。結果的に、アールワイレンタルよりも安いお店は存在しないということになります。それに加えて、アールワイレンタルは、そのレンタル料金に、スーツケースの往復配送料も含んでいます。また、スーツケースの不慮の破損時の修理保証も、レンタル料金に込みとなっています。レンタルショップによっては、これらの料金がレンタル料とは別となっていますので、アールワイレンタル利用のメリットがお分かりいただけるかと思います。最後にもうひとつ付け加えておきますと、アールワイレンタルは、スーツケースの在庫が業界最多数となっています。せっかくスーツケースを借りようとしても、在庫切れで借りたい時に借りられなかったら意味がありません。そういった意味でも、スーツケースの在庫数の多さというのは重要です。

 

アールワイレンタルにほぼ匹敵するのがDMM.comいろいろレンタルです。レンタル料金の比較でみると、アールワイレンタルと互角レベルのレンタルショップです。場合によっては、DMM.comいろいろレンタルの方が安いというケースも見受けられます。アールワイレンタルと同様に、往復の配送料も、破損保証もレンタル料金に含まれています。在庫数の豊富で、アールワイレンタルと遜色ないサービス内容を誇ります。それでも、アールワイレンタルが1位になっているのは、アールワイレンタルには最低価格保証というサービスがあるからです。

 

ククレンタル

本来であれば、上位2つのレンタルショップ以外は、他に比較しなくてもよいくらいの充実振りです。ただ、ククレンタルも比較対象として入っているのは、今からご紹介する2つのメリットがあるからです。まず一つ目は、ククレンタルは長期間レンタルに強いショップだからです。ククレンタルの基本レンタル期間は、7日間、15日間、30日間となります。細かい日数対応はない分、15日間、30日間などの長期レンタル料金が割安になっているケースがあります。二つ目のメリットは、スーツケースのお届けを、実際のレンタル開始日の最大3日前から指定することが出来ること。荷物のパッキングに余裕が持てますし、料金も、例えば15日間レンタルの場合、15日間料金で、実質最大18日間レンタル出来るということになります。長期旅行を考えている場合には、ククレンタルも比較対象として外すことはできません。なお、破損保証は無料対応。往復配送料については、地域によっては無料となります。公式サイトにてお確かめください。

 

 

スーツケースはレンタルが良い理由

このサイトをご覧になっている方は、すでにスーツケースはレンタルすると決めているかとは思います。わたしも、その選択は正解だと思います。ただ。もしスーツケースをレンタルしようか購入しようかとまだ迷っている方のために、レンタルのメリットをあらためてお伝えしておきます。

 

まず最大のメリットは、レンタルすれば、家での保管スペースの心配をしなくて良いといことです。スーツケースというのは、結構かさばります。家の中の収納スペースは限られています。それをあの大きなスーツケースに、バーンと場所を取られてしまうのは、後々けkっこう困ります。

 

しかも、スーツケースは使っても1年に1、2回。そのために収納スペースを取られてしまうのは、困ります。レンタルならば、そんなこと一切考える必要はありません。お金の面でも、レンタルの方がメリットがあると言えます。旅行期間にもよりますが、大体の目安として、スーツケースのレンタル費用は、購入金額の5〜6%位です。約1/15位ですね。

 

購入したスーツケースを使って15回以上旅行したら、購入した方が安くつでしょう。ところで実際あなたの場合、15回スーツケースで旅行するのに要する年数はどれくらいですか?こういったことも考慮して、購入かレンタルかを比較検討してみてください。ほとんどの人は、購入費用の元を取ることを考えたら、十数年以上掛かります。

 

さらに考慮すべきは、スーツケースも年々進化していることです。15年前と現在とでは、かなり違います。1つのスーツケースを使い続けるということは、途中からはかなり古いタイプのスーツケースを使うということになります。

 

また、スーツケースはいつか、かなり高い確率で壊れます。運が悪ければ、1回目の旅行で壊れるのがスーツケースです。特に海外旅行される場合、海外の空港でのスーツケースの扱いは雑です。私たちは、スーツケースは壊れるものと思っておく必要があります。これは、高いスーツケースであってもそうです。そして、安いスーツケースならば、さらに壊れる確率は非常に高くなります。

 

あなたの購入したスーツケースが、15年の間に壊れる可能性は、かなり高い確率であることはぜひ知っておいてください。保管スペースのこと、費用のことを考えただけでも、スーツケースは購入するよりもレンタルした方が良いと私は強くお勧めしたいです。

 

スーツケースをレンタルする際に私達が気にした方がよいことって?

スーツケースをレンタルする際に、どんなことに気を付けてレンタルショップを選んだら良いのでしょうか?おすすめのレンタルショップについては、冒頭でお伝えしました。そして人気上位のレンタルショップは、私達がレンタルショップを選ぶ際の選定基準を、高いレベルでクリアしているショップとなります。それでは、あらためて、私達が気を付けるべき点を見ていきましょう。

 

レンタル料金

 

このことがスーツケースをレンタルする際に、一番気になる点と言ってもいいかもしれませんね。レンタル料金は、スーツケースの種類、サイズ、期間によって金額が決まってきます。一般的に、安価なスーツケースと有名ブランドのスーツケースを比較した場合、購入価格の金額差程に、レンタル価格の値段の差は大きくありません。

 

配送料

 

配送料がどうなっているかは、レンタルショップ間で違いがあります。一番良いのは、往復の配送料がレンタル料金に込みとなっている場合です。最悪なのは、往復共に利用者負担のケースですね。あと気を付けた方がいいのは、「配送料無料」と書いてあっても、実は片道のみの場合があります。送るのは無料だけど、返却送料は自己負担といったケースです。ショップによっては、近い地域は無料でそれ以外は有料といったケースもあります。

 

保証

 

スーツケースは、レンタル中に壊れる場合があります。そんな際のために、レンタルスーツケースショップでは、破損修理保証があります。レンタルショップにより、破損修理保証がレンタル料金に含まれている場合と別途代金が必要な場合があります。当然、レンタル料に含まれている方が良いですよね。各スーツケースレンタルショップの商品破損の際の保証について比較しました。

 

ブランドの品揃え

 

スーツケースレンタルショップによって、取り扱っているスーツケースブランドの品揃えが異なります。スーツケースを借りる際は、ある程度知名度のあるしっかりとしたブランドのスーツケースをレンタルされることをお勧めします。安物よりも壊れる確率が低いからです。スーツケースの良し悪しは、見た目だけではなかなかわかりません。使用している素材等が信頼度に大きく影響するだけに、パッと見ではわからないのです。安物は、安い素材を使っています。作りも雑です。有名ブランド品は、使用素材も違いますし、品質基準もしっかりしていますので、旅行中により安心して使用することができます。安さを売りに、安物スーツケースのみを扱っているショップもありますので、ご注意ください。

 

在庫数

 

実際にスーツケースをレンタルする際、ショップの在庫数は、けっこう重要だったりします。いつでも自由にお休みが取れればいいですが、大抵の場合、旅行する時期というのは、他の多くの人と時期が被ります。ゴールデンウイークだったり、夏休みだったり。当然その時期はレンタル需要も多くなるので、在庫数が少ないショップは、あなたが借りたいスーツケースが貸し出し中で無かったりします。在庫数が多いショップは、それだけあなたが借りたいブランドの、サイズのスーツケースが借りやすいというわけです。また、旅行日程が決まったら、なるべく早くレンタル予約を入れておくこともお勧めします。

 

即日発送

 

ビジネス等で急に海外出張が決まった、というようなケースもあるかと思います。そのような場合、スーツケースを即日発送で配送してくれるサービスがあると助かりますよね。ショップによっては、このような要望に応えるため、即日発送サービスを実施しているところがあります。スーツケースレンタルの即日発送可能ショップの対応の違いを比較しました。

 

どのブランドのスーツケースを借りるのが人気?

レンタルスーツケースの人気ブランドは、以下の3つが中心になってくるかと思います。無名の安物スーツケースよりも、海外旅行に行くなら、しっかりとしたブランド物のスーツケースの方が安心度が高いですよね。

 

 

サムソナイト 「コスモライト」
世界中を見渡しても、スーツケースで一番人気のメーカーはサムソナイトが断トツで1位です。その中でも、サムソナイトの高い品質と信頼性を維持したまま、革新的な軽量化に成功した「コスモライト」は、サムソナイトを代表するスーツケースと言えます。サイズも、スピナー55の36リットルから、スピナー86の144リットルまでと、豊富に取り揃えています。色も6色の中から選ぶことができます。

 

エース 「プロテカ」
国内メーカーとして1番人気なのがエースです。その中でも、国内生産(北海道で生産)にこだわって製造しているのが「プロテカ」というブランドになります。現在では日本国内生産しているスーツケースも希少価値となってしまいました。製品の丁寧な作り、品質を考えた場合、やはり日本人の手により作られた製品はレベルが違います。しかしながらコスト高が響き、ほとんどのスーツケース生産は海外に移転。そのような状況の中、プロテカはメイドインジャパンを貫き通しています。国内で作られたスーツケースを使いたいなら、プロテカで決まりです。

 

リモワ
憧れのブランドであるリモア(rimowa)のスーツケースはどれも人気です。ドイツ生まれのリモワは、ジュラルミン製スーツケースが有名で、独特の風合いが特徴的です。見た目がとてもスタイリッシュでもあり、一度はリモワのスーツケースで旅行してみたいと思わされます。。キャスターや内装の作りも非常に丁寧で高品質です。他ブランドのスーツケースとは明らかに一線を画す、美しいフォルムのリモアのスーツケースは、私たちにとって、非常に魅力的に映ります。ただ、リモアのスーツケースを買おうと思うと、ほぼ10万円します。非常に高価なスーツケースなんです。それがレンタルであれば、他のスーツケースに少しお金を足すだけで借りることができます。レンタルだからこそ、リモアを体験することが出来るんです。

 

レンタルするスーツケースのサイズはどうする?

海外旅行に使用するバッグというと、チェックインカウンターで預けることになる受託手荷物のスーツケースと、機内持ち込みのキャリーバッグとがあります。ここではまず、スーツケースのサイズについてみてみましょう。

 

スーツケース(受託手荷物)

 

スーツケースのサイズ選びは、基本的には旅行の泊数によって変わってきます。当然ですが、旅行日数が長い(泊数が多い)程、使用するスーツケースのサイズは大きい物が必要になります。

 

一般的な目安としては、「1泊=10リットル」が基準とも言われています。この計算でいくと、4泊だと40リットル程度。7泊で70リットル程度という計算になります。ただ、私の経験からすると、10〜20リットルは加算したサイズを考えた方がいいように思います。4泊だったら50〜60リットル、7泊だったら80〜90リットル程度のサイズを選ぶという意味です。

 

スーツケース内でスペースを占めるものの代表的なものは、衣類になります。そこでひとつ注意したいのは、あなたの旅行先が、日本とは異なる季節の地域の場合です。南半球の国や、赤道近くの常夏の国に行く場合などです。

 

例えば、日本が夏である7月に南半球のオーストラリアに行くとしたら、現地は真逆の季節の冬になります。そうなると、現地で着る冬服が必要になりますよね。また、逆に日本の冬に同様にオーストラリアや、また常夏のはハワイに行く場合、日本での出発前/帰国後に着る冬服を現地ではスーツケースにしまっておく必要が生じます。そのスペースも考慮しないといけません。

 

このように、日本と異なる季節の旅行先の国に行く際には、衣類のスペースを余分に考えておくことが必要になります。また、このようなケースでは、圧縮袋も上手に利用して、少しでも衣類のスペースを節約したいですね。

 

それと、出発前の段階でスーツケースが荷物でいっぱいなんて状態にはならないようにしましょう。旅行先でのお土産のためのスペースもしっかりと確保しておきましょうね。

 

なお、スーツケースのMAXの大きさについても注意しておく必要があります。泊数が多いからといって、スーツケースサイズを無限に大きくしてしまうのは危険です。サイズ超過料金が発生してしまいます。超過料金は渡航先によって異なりますが、1〜2万円となります。

 

大きさの制限は航空会社によって異なります。例えば、日本航空(JAL)はエコノミークラスの場合、三辺の合計が203センチが上限ですが、全日空(ANA)は、158センチ以内となっています。航空券に荷物サイズの注意事項が記載されているはずですので、スーツケースを借りる前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

また、サイズとあわせて重量の上限もあります。航空会社によって異なりますが、JALもANAもエコノミークラスの上限は23キロです。これを超えたら、重量超過料金が発生します。

 

スーツケース自体の重さもありますので、コスモライトのような軽量スーツケースですと、スーツケースの中に入れられる中身はその分、沢山入れられます。

 

 

キャリーバッグ(機内持ち込み)

 

機内持ち込みのバッグの上限は、次のようになっています。
・100席以上の国内線は、3辺合計100cm以内
・100席以上の国内線は、3辺合計115cm以内
・国際線は一般的には、3辺合計115cm以内

 

レンタルスーツケースショップでは、機内持ち込み用キャリーバッグとして、115cm以下に収まるサイズのバッグを用意しています。

 

どのスーツケースレンタル店が格安かを実際に比較してみた

人気のスーツケースであるサムソナイトのコスモライト・スピナーをレンタルした際の価格の比較をしてみました。

 

想定旅行計画
7泊8日の海外旅行。レンタル期間は、出発前日から旅行翌日返却の10日間借りることにする。サイズは94リットル。

 

スーツケースは、サムソナイトの超軽量ハードタイプ(2.6キロ)のスーツケースである「コスモライト・スピナー75」。三辺の合計は157センチなので、ANAでも問題なく使用できる。

 

 

アールワイレンタル 5760円 
アールワイレンタルでは、次回利用できるポイントをくれます。今回の利用では、220ポイント還元。

 

DMM.comいろいろレンタル 6040円

 

ククレンタル 7020円
旅行出発日の最大3日前より届けてくれるため、実際の貸出期間は9日間。しかしながら、ククレンタルの場合、レンタル期間は、7日間、15日間、30日間の3種類となるため、実質9日でも10日でも料金は一緒。よって、レンタル料金は4428円+送料2592円=7020円。ククレンタルの場合、元々の表記金額は税抜き(6500円)なので、税込みにすると7020円となります。

 

ダーリング 7710円
ダーリングで取り扱っているサムソナイトの同サイズのスーツケースは、旧タイプとなるパローネ。ただし、重量が6.6キロあります。さらに、三辺和が166センチなので、ANAだと追加料金発生。従いまして、サムソナイトのスピントランク75(85リットル)で比較。スピントランク75は、重量4.3キロありますが、サイズは156センチなのでANAでもOKです。安心補償サービスは別料金で500円。補償と合計すると、6410円になります。配送料金も含まれていないので、例えば東京でしたら、配送料別途1800円掛かります。そうなると、合計7710円ですね。

 

トラベル館 7480円(サムソナイト ライトキューブデラックス96L)
トラベル館では、サムソナイトのスーツケースの取り扱いはライトキューブデラックスのみとなります。返却時の送料は自己負担。安心補償を付けると、別途748円となり、レンタル料金合計8228円。

 

マイレンタル 
JTBや近畿日本ツーリスト、阪急交通社、HISなど、いろいろな旅行代理店と提携しているマイレンタル。創基コーポレーションというスーツケースメーカーの直営レンタルショップとなります。オリジナルスーツケースの取り扱いがメインになるのですが、サムソナイトのコスモライト・スピナーの取り扱いはあります。利用3日前から無料準備期間としてスーツケースを届けてくれ、返却も2日後までOKとなり、この期間はレンタル料金は掛かりません。料金発生レンタル期間は8日間となり、インターネット特別割引10%適用すると、5760円となります。配送料は別途となり、関東の場合ですが、2400円。レンタル料との合計は、8160円。ただし、これは税抜価格なので、8812円となります。

 

エースレンタル 該当品なし
エースのスーツケースのみ取扱いとなります。

 

AIレンタル 該当品なし
エースのプロテカのみ取扱いとなります。

 

ReReレンタル 該当品なし
サムソナイトのコスモライト・スピナーに代わるようなスーツケースがありませんでした。

 

ダスキンかしてネっと 該当品なし
サムソナイトのコスモライト・スピナーに代わるようなスーツケースがありませんでした。

 

 

比較してみてどんな違いがわかった?

まず、スーツケースレンタル業者によって、価格がけっこう違うということがわかりますよね。最安値のアールワイレンタルと、比較レンタル業者の中では最高値だったマイレンタルとでは、1.5倍以上の価格差がありました。

 

マイレンタルといったら、JTBをはじめとする多くの旅行会社が紹介しているレンタルショップ。旅行会社の言われるがままにスーツケースをレンタルすると、どれだけ高くつくかがわかりますね。

 

また、ダスキンかしてネっとといった大手の有名レンタルショップでも、スーツケースの一番人気であるはずのブランド(サムソナイトのコスモナイト)を実は扱っていないという事実もわかりました。大手のレンタル業者が必ずしも、良い品揃えをしているわけではないのですね。

 

レンタル料金に含まれている内容が、レンタル業者によって異なることもわかります。アールワイレンタルやDMM.comいろいろレンタルは、レンタル料金に全てが含まれています。配送料金や安心補償を別途加算する必要はありません。

 

ダーリングやトラベル館は、安心補償は別料金になっています。

 

配送料金が有料のところは、レンタル料金と別扱いで配送料が発生します。お支払い時にレンタル料と配送料の両方まとめた金額を支払うケース(ククレンタル、ダーリング。マイレンタル等)と、完全に別途で自分で支払うケース(トラベル館等)があります。

 

スーツケースレンタルショップによって、金額表記が税込のところと税別のところがあるので、注意してください。アールワイレンタルや、DMM.comいろいろレンタル、ダーリング、トラベル館などは税込価格ですが、ククレンタルやマイレンタルは税抜き価格表記になっています。価格比較する際は、税込み価格に換算して比較することを御忘れずに。

 

以上のように、スーツケースのレンタル価格を比較する際、見た目の金額で単純比較できない要素があります。これらのことをしっかりと考慮した上で、比較検討する必要がありますね。

 

 

 

比較結果 おすすめのレンタルスーツケース店はやっぱりアールワイレンタル

実際の比較結果を見てもわかる通り、スーツケースをレンタルするなら、一番のおすすめ業者は、アールワイレンタル です。

 

まず、レンタル料が格安。比較業者の中でも一番安くスーツケースが借りられるのは、アールワイレンタルだとわかります。

 

価格表記は税込なので、(税抜表記で)実は税込にしたらそれほど安くなかった、なんてこともありません。

 

スーツケース破損といたアクシデントの際の、安心補償も無料で付いています。
スーツケースの受取、返却の際の往復の配送料金も、レンタル料金に込みとなっています。
特筆すべきは、税金も補償も、配送料も全て込みでも、一番安いということ。

 

在庫数も業界最多です。いざというときの即日発送にも対応してくれます。何を比較しても、アールワイレンタルが素晴らしいということがわかります。従いまして、私たちの一番のおすすめレンタルスーツケース業者は、アールワイレンタルです。

 

アールワイレンタルは、

  • レンタル料金が安い
  • 最低価格保証付き
  • 安全保障が無償で付いている
  • 往復配送料金も含んでいる
  • 税込価格
  • 在庫数は業界最多
  • 品質管理体制がしっかりしている
  • 即日発送も可能(平日15時まで)